こだわりブログ

こだわりブログ

ヘアカラーの「かぶれ」について

Q ヘアカラーでかぶれる原因は?

全国的にヘアカラーでかぶれる人が増えているそうです。

「前回までなんともなかったのに、今回急にかぶれた」・・・なんてことも。

かぶれの原因はいろいろあります。代表的なものにはカラー剤に含まれる染料過酸化水素が多いといわれています。基本的に一度かぶれが出たら以後 同種のヘアカラー剤を使うのはやめた方がいいようです。

それではヘアカラー剤にはどのような種類があるのでしょうか?

_mg_6878 _mg_6876


Q カラー剤の種類は?

言葉的に少し難しくなりますが①一時染毛料半永久染毛料永久染毛剤に分けられます。

かぶれやアレルギーを引き起こす原因は③永久染毛剤が多いのではないかと言われています。

①一時染毛料とは

カラースプレーやヘアチョーク、色の付く整髪料など一度の洗髪で落ちてしまう染毛料(商品)をさして一時染毛料といいます。

髪の傷みは無く、かぶれは基本的にありません。

②半永久染毛料とは

ヘアマニキュアが半永久染毛料あたります。

髪の毛自体に変化はないので、髪に傷みはありません。かぶれも基本的にありません。

しかしながら、退色が早く地肌に染毛料が付くと取れにくいという欠点があります。

③永久染毛剤

ほとんどの白髪染やおしゃれ染などは これにあたります。

 次のa~dの4種類に分類されます。

  a  植物性染料は、多少のアレルギーを発生させますが髪の傷みは有りません。

  b  弱酸性染毛剤は、多少のアレルギーを発生させ髪の傷みは多少あります。

  c  弱アルカリ染毛剤は、多少のアレルギーを発生させ髪の傷みは多少あります。

  d  強アルカリ染毛剤は、多少のアレルギーを発生させ髪の傷みはあります。

かぶれを気にするなら が最適ですが、発色の自由度では が最適となります。

canvas

_mg_6887


Q 毛染めでかぶれてしまったら?

皮膚科の受診をおすすめします。

かぶれ体質を直す薬はないのですが、かぶれの原因を突き止める事は可能だそうです。原因が毛染め染料にあるとわかった場合は同種のカラー剤は使えなくなりますが、原因を突き止めずに何度もかぶれを繰り返す事はよくありません。

「軽い症状でも、毛染めの副作用を軽く見ないで!」

頭皮が少し赤くなった、かゆい、ヒリヒリする・・・・などの軽い症状だからといって軽視せず、すぐにでも使用をやめてください。

そして・・・

皮膚科を受診し、必ず理美容院にもお伝えください。合わせて診察結果もお伝えください。ヘアマニキュアに変更するなどの対応をしてもらえるとおもいます。

_mg_6880

髪の手入れ一つで見た目年齢が違って見えたりしますよね。上手に付き合って、長くヘアカラーを楽しみたいですよね。

体臭と汗と皮脂の関係

IMG_42670

 

Q なぜ 汗はかくの?

気温の高い日や運動をすると汗をかきます。汗の役割は、上がりすぎた体温をこれ以上上がらないよう(体温を下げるよう)にするためのものです。水は蒸発する時に熱が必要になります。その性質を利用して、体温を下げます。

体温が高くなると汗がでます→汗が蒸発するときに周りから(肌から)熱を奪う→汗が蒸発することで体温を下げることができる。

  • 1日にかく汗の量・・・700ml~900ml
  • 汗のPH・・・・・・・PH4.0~6.0
  • 汗の成分・・・・・・塩化ナトリュウム、尿素、ビタミンC
  • エクリン汗腺とは・・毛と無関係に存在し手のひらや足裏に多くみられる
  • アポクリン汗腺とは・わきの下や陰部に多くみられる

 

Q なぜ 皮脂はでるの?

皮脂と聞くと、ベタベタして皮膚トラブルの原因となるもの。また、臭いの原因ともいわれ、あまり良い印象がないと思います。

皮脂は皮脂腺から分泌され、季節にもよりますが全身で一日あたり約1g~2gが分泌するといわれています。主な役割は、皮膚を乾燥や細菌から守ったり、弱酸性に保ったりする役割があります。

  • 1日に分泌する皮脂の量・2g~3g
  • 皮脂のPH・・・・・・・弱酸性
  • 皮脂の成分・・・・・・脂肪酸(25%)トリグリセリド(25%)ワックスエステル(22%)など
  • 皮脂腺とは・・・・・・皮脂を分泌する場所。ほとんどが毛髪に付随している

img_011

Q 臭いの原因?・・・「皮脂膜」とは

皮脂膜とは、皮脂腺で作られた「皮脂」に「汗」が混ざったものです。天然の保護&保湿クリームです。紫外線をはじめ細菌など外的刺激から皮膚を守っています。

・保湿作用

皮脂膜により肌の表面はなめらかで潤いを保っています。皮脂膜がなければカサカサになり角質が剥がれ落ちてしまいます。また皮脂は毛根付近にあるので髪の保湿にも役立っています。

・保護作用

皮脂膜は油の性質を持っているため肌にダメージを与える刺激(特に水溶性刺激)を跳ね返します。また、PHが5.5~6.5の弱酸性に保たれています。水分蒸発を防ぐバリア機能としても活躍しています。

 

汗と皮脂とが混ざり合い皮脂膜が作られます。それに雑菌が繁殖するなどして臭いを発生させています。

 雑菌は汗や皮脂、アカや汚れなどを栄養として繁殖し、繁殖する時、ニオイ物質をつくり放出しているそうです。
_mg_6869

体臭がきつくなる原因としては・・・・

動物性脂肪に偏った食事は体臭の発生を促す原因のひとつ

日本人は魚、野菜、豆類を主に摂って和食中心の生活を送っていました。しかし戦後、食の欧米化が進み、肉類を多く摂るようになったことも、体臭に悩む人が増えたことと関係があるようです。

ストレスや疲労などが原因で皮脂の分泌量が増えるとその皮脂が酸化して体臭に繋がる

たんぱく質を分解した時にできるアンモニアは、肝臓でろ過され尿素となって排出されます。しかし、疲れがたまっていると肝機能が弱まり、血液中のアンモニア量が増えてしまう。そのため、皮膚からアンモニア臭を発することがあり、これを「疲労臭」と言うそうです。

身体を洗いすぎている

身体を洗う時に強くこすったり、洗浄力の強いボディーソープなどを使ったりすると、身体に必要な皮脂が奪われて肌が乾燥してしまいます。このような状態では、肌から水分が蒸発しやすくなり、その水分とともに身体の老廃物などのニオイが放出されるので、体臭の原因になることも。

加齢臭

いわゆる加齢臭の原因は、「ノネナール」といわれる物質です。皮脂を分泌する皮脂腺には、加齢とともに脂肪酸が増加します。これが過酸化脂質と結びついて、分解、酸化されるとノネナールができるのです。

過酸化脂質は、タバコやお酒、肉類やバターなどの脂質を多く摂取すると増えてしまいます。生活習慣病予備軍の方は注意が必要です。

 

_mg_6871

 

汗を臭わせないようにするには?

体臭を抑えるためには、もともと無臭の汗に臭いが発生しないような対策をするのが効果的です。

(1)汗の正しい拭きかた

汗に雑菌が繁殖して、体臭へと変化する時間の目安は1〜2時間です。

そこで、1〜2時間ごとに汗をタオルで拭きとると、体臭を抑えることができます。このときの注意点ですが、乾いたタオルで汗を拭きとらないようにしましょう。

乾いたタオルを使うと、肌表面の汗をすべて拭きとってしまうことになり、乾いた肌をふたたびうるおそうと、余計に汗が出てきます。拭けば拭くほど汗が出てしまうという、負のサイクルに陥ってしまうのです。

汗を拭き取る際は、タオルをいちど濡らし、固く絞ってから使用しましょう。適度に水分が残り、肌の汗がすべてなくなってしまう状態を避けることができます。

(2)制汗剤(デオドラント)を使う

制汗剤にはさまざまな種類がありますが、主に2つの効果があります。

  • 汗腺をふさいで汗の量を抑える効果
  • 汗の中の雑菌が繁殖しないようにする殺菌作用

2つを合わせた両方の効果がある制汗剤も市販されています。

 

http://www.skincare-univ.com/article/004606/

Q シャンプーは毎日したほうがいいの(シャンプーの方法)

Q 髪は毎日洗ってもいいの

髪質や頭皮の肌質、また職業にもよります。
髪の毛は濡れるとキューティクルが開き膨張し もろくなります。健康な毛髪なら気にすることはないのですが、細毛やダメージ毛にとってはシャンプーでゴシゴシこすることがダメージにつがります。また、頭皮の脂には外菌から地肌を守る役割があります。頭皮の脂の落としすぎは良くありません。
しかし、頭皮が脂症ですぐにべたつく人は1日シャンプーをしないことが苦痛に感じられることだと思います。また仕事柄 油に接する機会の多い人や、(ワックスなど)頑固なスタイリング剤をつけた人も同様に毎日のシャンプーが気分をリフレッシュしてくれることでしょう。
日本人の頭皮は、欧米人と比較すると敏感で乾燥しやすいといわれています。

A 自身の髪質や地肌状態を知りましょう。その上で、苦痛でないなら毎日シャンプーをする必要はないと思います。

 

【正しいシャンプー方法】
1、シャンプー前のすすぎはしっかりと。
すすぎをしっかりすることで、汚れの8割程は落ちるといわれています。そうする事で刺激の少ない(洗浄力の弱い)シャンプーでも十分に汚れを落とすことができます。

2、シャンプーを直接頭皮につけない。
シャンプーは脂を落とすものです。頭皮の脂を落としすぎるのはよくありません。一度シャンプーを手に取りあわ立ててから髪の毛になじませていき、徐々に頭皮に落とすような感じで洗います。汚れを落とすだけならゴシゴシかく必要はありません。指の腹をつかいマッサージをするイメージでじゅうぶんです。あわが頭髪全体になじんだら、すぐに流さずに3~5分放置して汚れとシャンプー剤をなじませ汚れを流しやすくします。

3、すすぎはしっかりと。
すすぎ不足でシャンプーが残ることは頭皮トラブルの原因です。特に、生え際や耳後ろのすすぎ不足にきをつけてしっかり流します。トリートメントをつける場合にはなるべく地肌に付かないように注意して下さい。

薄毛が気になりだしたり、頭皮にトラブルが出る原因が「洗浄力が強すぎるシャンプー剤」ということもあるようです。正しいシャンプーを心がければ、優しいシャンプー剤でも十分に汚れを落とせます。正しいシャンプーを心がけてください。

 

シャンプー剤とトリートメントの違いについてはこちらを読んでください

シャンプー剤の主成分「界面活性剤」についてはこちらを読んでください

 

最後にちょっとだけ宣伝です。

当店お勧めシャンプー&トリートメント

th

re:シリーズです。

Q 髪の毛はどこまで伸びるの(髪の話)

Q 髪の毛を ずーっと伸ばし続けるとどこまで伸びるの?

 

はじめに・・・髪の毛は、一生伸び続ける訳ではありません。

髪の毛は、毛根部分(髪の根元の部分)で作られます。

毛根部分には、育毛剤のCMでおなじみになった毛乳頭細胞(もうにゅうとう さいぼう)や毛母細胞(もうぼ さいぼう)があります。また、髪の色を決めるメラニン色素も、この部分の細胞で作られています。

毛根部分の細胞は、一生休まず 髪の毛を作り続ける訳ではありません。ある時期 活発に作り続けますが、徐々に活動がゆるくなっていき、ついには活動を休止してしまします。そこで、抜け毛(自然脱毛)になってしまいます。

しかし、ご安心してください。活動を休止しているだけでしばらく休んだあと また新たな毛髪を作るため活発に活動を再開します。

その一連の流れをヘアサイクルと呼び「抜けては 生える」を繰り返します。

IMG_0970

頭皮と毛根の構造

IMG_0971

毛母細胞とメラニン色素


 

ヘアサイクルは、成長期→退行期→休止期→成長期→退行期→休止期・・・を繰り返します。

正常な成長期は2年~6年と言われています。また、退行期は数週間、休止期は数ヶ月と言われています。

成長期の長い髪は、太く長く成長します。しかし、加齢に伴い成長期は徐々に短くなっていきます。おのずと 細く短い髪になってしまします・・・・残念です・・・・。

さらに、AGAとなれば成長期が数ヶ月しかないそうです・・・・悲しい・・・・。

 

AGAとは、「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

 

誰でも一度はテレビCMなどで、毛根や毛穴の画像を見たことがあると思います。人間の毛髪は一つの毛穴から1本~3本生えています。1本が生まれたての毛髪、もう1本が成長している毛髪、もう1本が成長を止めた毛髪です。成長を止めた毛髪が抜けた頃には、新しい毛髪が育っています。そうして総毛量を維持しています。

安心してください。正常な状態でも、毛髪は1日に50本~100本くらいは抜ける計算になります。

毛髪の成長を促すためには、バランスの良い食事が大切だといわれています。

 

【参考に】

以下の栄養素が極端に不足すると脱毛が起こる場合があるそうです。

  • 亜鉛・・・牡蠣、数の子、ひじき、のり、きなこ、味噌、豆腐 など
  • ビタミンA・・・うなぎ、にら、にんじん、かぼちゃ、緑黄色野菜 など
  • ビタミンB郡・・・納豆、レバー、セロリ、ほうれん草、小松菜 など

 

A 前置きが長くなりましたが、成長期+退行期の期間だけの髪の長さになります。

髪の毛は1ヶ月で約1cm強 伸びるといわれています。仮に成長期が6年あった場合は・・・

1年で12cm強×6年間=72cm 位まで伸びて退行期をへて自然脱毛することになります。実際に、腰やお尻くらいまでの長さの方を見たことがあるので、72cmよりも 長く伸びるようですが、永遠に伸び続けるわけではないようですよ。

 

髪の健康チェック

簡単にできる髪の健康チェック方法をご紹介しますね。

 

IMG_4883

 

『①濡れた髪を束にして指に巻きつけてみてください』

健康な髪であればすぐに元に戻ります。傷んでいればそのままになります。

健康な髪はタンパク質が詰まっていて弾力があるため、まっすぐに戻ろうとする力がはたらきます。

反面、傷んだ髪は中身がスカスカになっていて コシがないので 元に戻る力がないのです。

 

『②コーヒーカップの取っ手に髪の毛を一本縛って持ち上げてみてください』

カップが持ち上がれば健康な髪といえます。

健康な髪はコーヒーカップの重さ約100g~150g位 持ち上げる事ができます。

健康な髪は、(引っ張りなどの)負荷をかけた時に約1.5倍位まで伸びても切れないそうです。

 


 

「男性だけが薄毛や脱毛になる」というイメージがありますが、女性も薄毛や細毛に悩む人が増えているそうです。

原因としては・・・

まずは、遺伝性による先天性ものがあります。加齢や女性ホルモンの減少などが原因と考えられています。

次に、後天性の外的要因ではパーマ、カラーリング、ドライヤー、紫外線、ホコリ、化学物質などによる原因があります。その他、食生活の乱れ、喫煙、ストレス、過労、睡眠不足といった体の内側からの原因の一つと考えられています。


 

健康で美しい髪を保つための基本は、頭皮と髪を清潔にし、髪にダメージを与える要素をできる限り避けること。生活面では、栄養バランスのよい食事を摂り、十分な睡眠を確保し、ストレスをためないよう心がけることが大切です。

艶やかな髪は、健康的で若々しく見えますよね。

 

参考までに・・・

  1. 髪の太さと本数・・・0.05~0.1mm,10万本位
  2. 水分・・・・・・・・11~13%
  3. 強度・・・・・・・・100~150g
  4. 主成分・・・・・・・ケラチンたんぱく質
  5. ph・・・・・・・・4.5~5.5
  6. 性質・・・・・・・・酸性に強くアルカリ性に弱い

 

2015年10月20日 | カテゴリー : ,
› 続きを読む

活動

活動名

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。